南阿蘇村河蔭5262【地図を見る
  TEL&FAX:0967-67-0827

  玉名市大倉471-3【地図を見る
  フリーダイヤル:0120-88-7674
  FAX:0968-737196
薪ストーブクラブなごみブログ
屋根雨漏りのお医者さん
ハウスリフォーム玉名

薪ストーブは他の暖房装置と異なり、強制的なファンなどはいっさい使用せず、自然の上昇気流(ドラフト)だけで燃焼し、煙を排出しています。そのため、薪ストーブを正常に燃焼させ、スムーズに排煙を行わせるためには、正しい煙突の設置が非常に重要です。
新築の住宅に取り付ける場合には、ご相談のうえ、設計の早い段階で組み込むようにし、無理のない設置をしましょう。


煙突はまっすぐ立ち上げる方法が理想的です。2階に部屋がある場合や、屋根が瓦などの場合は、どうしても曲げて壁から出す方法を考えがちですが、弊社では専用部材を揃えていますので、まっすぐ立ち上げてもまったく問題はありません。
しかし、やむをえず壁から出す場合は、できるだけ横引き部分を短くし(1m以内)曲がりの使用をできるだけ少なくすることが必要です。


煙突の性能を維持するためには、煙突の煤やゴミを取り除く必要があります。
使用状況や使用する薪の種類などによってさまざまですが、最低でも1年に1度は煙突掃除をすることをおすすめします。


設置条件等から煙突の設置場所が決まると、次の段階は煙突をどこくらいの高さまで伸ばせば良いのかということになります。薪ストーブを正常に燃焼させるためには、本体からトップまで4m以上の煙突の高さが必要となります。横引き煙突がある場合は、横引き1に対してその後の立ち上がり煙突は、3~4必要になります。この時は必ず屋根よりも高い位置に伸ばすようにすることが大事です。しかし、この高さは屋根の勾配や棟からの位置によって異なるので、その場合は下の図を参考にしてください。ただし、急勾配の屋根の場合、この条件を満たすことが困難な場合があります。その場合、できるだけ棟に近い位置に設置するようにしてください。
しかし、これらの条件を満たしたとしても、設置箇所近くに高い木や建物等がある場合は、乱気流が発生し煙の逆流現象が起こる場合もあります。そのような時は、さらに煙突を伸ばすか、逆流防止用トップの取り付けなどの対策が必要になる場合もあります。

資料請求