南阿蘇村河蔭5262【地図を見る
  TEL&FAX:0967-67-0827

  玉名市大倉471-3【地図を見る
  フリーダイヤル:0120-88-7674
  FAX:0968-737196
薪ストーブなごみブログ
屋根雨漏りのお医者さん
ハウスリフォーム玉名

エジプトでは、火はいっさいをむさぼり食い、それがなくなると自らをも食べてしまう"動物"だと思っていたという話が残っています。人は一本の薪が燃えていくときの変容を見ながら、火を情熱や愛が燃えるイメージへと抽象化させ、それによって自らを奮い立たせ、心を癒す力を得てきました。
約10万年前に発生した初期人類は、氷河期という苛酷な環境に置かれていました。食物は火を通さない冷たいものばかり。生き残るのが精一杯で、うれしいことなどほとんどなかったことでしょう。ごくまれに経験する"うれしいこと"に対する感受性は現代人よりもずっと強かったものと思われます。最初に自分で火を熾し、温かい食物が食べられるようになったときのよろこびは、遺伝子に焼き付くほど強烈だったかもしれません。
そして、私たちが薪ストーブの火にあこがれるのは、遠い、遠い昔に火を誕生させたときのあの喜びの記憶を、無意識に取り戻したいと思っているからかもしれません。火の家、薪ストーブは、火から生まれて、火を宿し、火の恩恵を人に与えます。それはまるで家の中の太陽です。

産業革命以降、化石燃料(石油、石炭、天然ガスなど)の使用によって、二酸化炭素などの温室効果ガス濃度が急激に上昇しました。その結果、現在の私たちは、地球温暖化という大問題に直面しています。
化石燃料に替わる代替エネルギーには様々なものがありますが、その中でも薪に代表される木質バイオマス(再生可能な樹木由来の有機性資源)は、私たち人間が最も古くから利用してきた代替エネルギーの一つではないでしょうか。日本は、世界有数の森林国であり、国内のどのような場所にいても比較的容易に手に入れることが可能です。
また、薪やペレットのように木質バイオマスを直接燃焼させる方法は、私たちが生活の中に最も取り入れやすい方法の一つだと言えます。

資料請求